リンク

2021-comet-shop-ものぐさ , 2020-comet-shop-ものぐさ ,  2019-comet-shop-ものぐさ


C/2021 A1 (Leonard)
2021.01/20.765 UT (01.21 03h21m54s JST), 24x60sec exp
0.20-m f/8.0 Ritchey-Chretien + CCD (ST9XEi) + f/5.4 focal reducer
撮影地:平生町

2021年最初にMt. Lemmonで発見された彗星です。今年末12月に肉眼彗星になるのでは?
と期待されています。発見後から月明りで観測出来なかったのですが、20日UTになって
ようやく撮影出来ました。
mag=18.4, Dia.=0'.4
CK21A010 KC2021 01 20.75236 14 06 59.25 +44 04 37.3           P87
CK21A010 KC2021 01 20.76138 14 06 59.19 +44 04 43.4 18.4 T P87



 

HAYABUSA 2
2020.12/05.678 UT (12.06 01h16m34s JST), 13x15sec exp
0.20-m f/8.0 Ritchey-Chretien + CCD (ST9XEi) + f/5.4 focal reducer
撮影地:平生町

 

HAYABUSA 2
2020.12/05.416 UT (18h59m03s JST), 24x15sec exp
0.20-m f/8.0 Ritchey-Chretien + CCD (ST9XEi) + f/5.4 focal reducer
撮影地:平生町


 

C/2020 S3 (Erasmus)
2020.11.28 05h35m55s  (2020/11/27.858 UT), 30sec_24exp, メトカーフコンポジット
180-mm f/2.8 lens + Canon EOS Kiss X7i digital camera; K-ASTEC GF50 自動ガイド,
撮影地:柳井市池ノ浦, 4x4deg trimming.


C/2020 M3 (ATLAS)

2020.09.28 04h25m20s (2020/09/27.809UT), 60sec_25exp メトカーフコンポジット
330-mm f/4.3 lens (BORG 77EDII) + Canon EOS 6D digital camera; EM200 自動ガイド,
撮影地:柳井市池ノ浦. 2x2deg trimming

周期140年が計算されている新彗星です。この11月には地球に0.35AUまで接近し、オリオン座の中
を北上、条件良く観測出来ます。
周期彗星ですが、1880年は観測されていません。22世紀に帰って来る時には「2020年の観測者は
良い観測をしてたな」と言われるようなデータを残したいものです。


(162173) Ryugu
2020.09.14 22h18m00s (2020/09/14.554UT), 60sec_30exp メトカーフコンポジット
0.20-m f/8 Ritchey-Chretien + CCD (ST9XEi) +  f/5.4 focal reducer
撮影地:平生町.

17等と明るくなってきました。皆さんこの機会に狙いましょう。

 

C/2020 F3 (NEOWISE)
2020.09.13 19h45m01s (2020/09/13.448UT), 30sec_24exp メトカーフコンポジット
180-mm f2.8 lens + Canon EOS Kiss X7i digital camera; K-ASTEC GF50 自動ガイド,
撮影地:平生町. 2x2deg trimming

彗星をしつこく追うことで有名?な私です。大彗星の名残か、まだ1度以上のダストの尾が
伸びています。

 

C/2020 M3 (ATLAS)
2020.08.29 04h27m25s (2020/08/28.811UT), 60sec_12exp メトカーフコンポジット
180-mm f2.8 lens + Canon EOS Kiss X7i digital camera; K-ASTEC GF50 自動ガイド,
撮影地:平生町.

Aug. 28.81, 11.9, 4'.2 (180-mm f/2.8 lens + Canon EOS Kiss X7i digital camera; G channel); 2x2deg にトリミングしてます。

 

(162173) Ryugu
2020.08.19 01h08m49s (2020/08/18.673UT), 60sec_6exp メトカーフコンポジット
0.20-m f/8 Ritchey-Chretien + CCD (ST9XEi)
撮影地:平生町.

NET Gaia DR2
G2173        KC2020 08 18.66149 00 16 51.58 +23 51 20.4          18.1 G      P87
G2173        KC2020 08 18.67701 00 16 51.78 +23 51 39.9          18.1 G      P87
おなじみの星ですね。Apolloタイプの小惑星で、この秋に地球に接近し、16等にまで明るくなります。

 

C/2020 F3 (NEOWISE)
2020.07.29 21h41m29sJST (2020/07/29.529UT), 10sec_18exp メトカーフコンポジット
0.20-m f/8 Ritchey-Chretien + CCD (ST9XEi)
撮影地:平生町.

7月29日のNEOWISE 画像にLarson-Sekanina処理をかけてみました。このスパイラル構造は本物か?
解像度を上げるためレデューサーを外して撮影しています。


 

C/2020 F3 (NEOWISE)
2020.07.16 21h06m55sJST (2020/07/16.505UT), 30sec_10exp メトカーフコンポジット
180mm f/2.8 lens + Canon EOS Kiss X7i digital camera; K-ASTEC GF50 自動ガイド,
撮影地:長者が峰展望台付近.


 

C/2020 F3 (NEOWISE) = N00gbay
2020.03.31 21h23m38sJST (2020/03/31.5164UT),  60sec_8exp
0.50-m f/6.8 reflector + CCD + f/4.5 focal reducer;
撮影地:remotely Siding Spring.

発見4日後の画像。まだMPECが発行される前、確認観測での姿です。


 

C/2019 Y4 (ATLAS)
2020.05.11 20h40m29sJST (2020/05/11486UT),  60sec_15exp
0.20-m f/8 Ritchey-Chretien + CCD (ST9XEi) + f/5.4 focal Reducer
撮影地:平生町

この日のC/2019 Y4は明るくなっていました。明るくなっている(バーストしている)のはE核のようで、核から先端に飛び出た部分があるのが分かります。
アンシャープマスクをかけると、先端に飛び出た部分が衰退した核であることが分かり、また、E核は全体の尾とは別に、やや北よりの角度に小さな尾を伸ばしています。

 

C/2019 Y4 (ATLAS)
2020.03.18 - 2020.04.14,  60sec_exp
0.20-m f/8 Ritchey-Chretien + CCD (ST9XEi) + f/5.4 focal Reducer
撮影地:平生町

3月18日から4月14日までのC/2019 Y4撮影画像のコマ部を擬似カラー処理してみました。
4月に入り、集光部が細長くなっているのが分かります。9日ぐらいからは分裂の様子がうかがえます。