リンク
2020-1-Offline-ものぐさ, 2020-2-Offline-ものぐさ, 2020-3-Offline-ものぐさ

2019-1-offline-ものぐさ , 2019-2-offline-ものぐさ, 2019-3-offline-ものぐさ




木星
2020.07.31 22h29m-30m 80ms_140exp AstroStreet ToupCam ASPAR0130C
Mirage-7(1800mmF10)+2.4倍バロー Losmandy G11 周南市



C/2017 T2(PANSTARRS)
2020.07.31 21h47m 120sec_4exp ISO3200 D810A 1800mmF10(Mirage-7)
LPS-P2 Lodestar+PHD2 Losmandy G11 周南市
★続いて、明るさで今も上位をキープし続けているパンスターズ(C/2017 T2)に向けてみました。
ネオワイズ、レモン、パンスターズ、いずれも西空で激しい光害にさらされていますから、
写りが悪いのは仕方ありませんが、およそ40日ぶりに見る姿は、消え入りそうなほど微かでした。



C/2019 U6(Lemmon)
2020.07.31 21h31m 120sec_4exp ISO3200 D810A 1800mmF10(Mirage-7)
LPS-P2 Lodestar+PHD2 Losmandy G11 周南市
★続いてC/2019 U6(Lemmon)に向けてみました。
ネオワイズばかり注目されて影の薄いレモンですが、街明かり+月明かりでいっそう影が薄い姿です。
これでも、いま見えている彗星としては上位の明るさですから、
いかにネオワイズが明るいかがわかります。



C/2020 F3(NEOWISE)
2020.07.31 21h15m 60sec_6exp ISO3200 D810A 1800mmF10(Mirage-7)
LPS-P2 Lodestar+PHD2 Losmandy G11 周南市
★さらに焦点距離を上げて1800mmです。



C/2020 F3(NEOWISE)
2020.07.31 20h39m 30sec_7exp ISO1600 D810A 690mmF6.5(AL-106Ⅱ)
Lodestar+PHD2 Losmandy G11 周南市
★今日は自宅で撮影です。
街明かりに月明かりまで加わっては、どうせ長大な尾は望めませんから、
焦点距離を上げて頭部付近を狙いました。北を上にしています。



北斗七星とネオワイズ彗星(C2020 F3)
2020.07.30 22h17m 15sec ISO6400 D810A 35mmF2→F5.6 固定撮影 鹿野
★長野山からの帰路、鹿野の市街地で目星をつけていた場所に立ち寄ってみました。
北西の低空まで視界が確保でき、ネオワイズを撮るにはなかなか良い場所でした。
長野山とはだいぶ差がありますが、月明かりがなければじゅうぶんイケるのではないかと思います。



北斗七星とネオワイズ彗星(C2020 F3)
2020.07.30 21h17m 20sec ISO6400 D810A 35mmF2→F5.6 SKYMEMO-P- 長野山



C/2020 F3(NEOWISE)
2020.07.30 20h57m 60sec_4exp ISO3200 D810A 200mmF4→F5.6 SKYMEMO-P- 長野山



C/2020 F3(NEOWISE)
2020.07.30 20h37m 60sec_7exp ISO3200 D810A 105mmF2.5→F5.6 SKYMEMO-P- 長野山
★今日、ようやく梅雨明けの発表がありました。
ネオワイズは自宅からしか撮っておらず、一度は光害のないところで撮りたいと思っていましたが、
悪天候が続いていました。
ようやく梅雨が明けたら月が大きくなっているという、なんともタイミングの悪い彗星です。
月明かりの影響を少しでも軽減するには透明度が重要ですから、
標高の高いところが有利と考え、長野山(1015m)で撮影することにしました。
星が出始めたころ雲が広がり不安がよぎりましたが、ほどなくして雲は消え、
煌々と輝く月とともに星空が広がりました。
ネオワイズは月明かりの影響を差し引いてもだいぶ暗くなっており、
双眼鏡で短く尾が確認できるという程度で、肉眼で易々というわけにはいきませんでした。



C/2020 F3(NEOWISE)
2020.07.20 20h41m 30sec_10exp ISO1600 D810A 200mmF4→F8 SKYMEMO-P- 周南市
★なかなかスッキリ晴れません。今晩も雲か煙か、街明かりを反射してどんよりした空です。
それでもイオンテイルが伸びているのが分かります。



土星
2020.07.18 00h39m-44m 450ms_300exp AstroStreet ToupCam ASPAR0130C
Mirage-7(1800mmF10)+2.4倍バロー Losmandy G11 周南市



木星
2020.07.18 00h34m-35m 80ms_142exp AstroStreet ToupCam ASPAR0130C
Mirage-7(1800mmF10)+2.4倍バロー Losmandy G11 周南市



C/2020 F3(NEOWISE)
2020.07.17 20h37m 8sec_9exp ISO3200 D810A 200mmF4→F5.6 SKYMEMO-P- 周南市
★双眼鏡で何とか見えるぐらいのコンディションでしたが、
強引な画像処理でイオンの尾らしきものが出てきました。



C/2020 F3(NEOWISE)
2020.07.17 20h26m 5sec_5exp ISO3200 D810A 200mmF4→F5.6 SKYMEMO-P- 周南市
★彗星の高度が少しずつ上がっているので、
北極星が見え始めるのを待ってスカイメモをセットしても、
撮影時間が確保できるようになりました。
市街地では短時間露出しかできませんから、極軸合わせも大雑把で問題なし。
でも、空がいけません。雲だか霞だか分かりませんが、
彗星は双眼鏡でかろうじて見えるような状況でした。



C/2020 F3(NEOWISE)
2020.07.16 20h59m 5sec ISO3200 D810A 200mmF4→F5.6 固定撮影 周南市



C/2020 F3(NEOWISE)
2020.07.16 20h35m 4sec ISO3200 D810A 105mmF2.5→F5.6 固定撮影 周南市



C/2020 F3(NEOWISE)
2020.07.16 20h33m 4sec_2exp ISO3200 D810A 200mmF4→F5.6 固定撮影 周南市
★ネオワイズがいる方向は水蒸気が充満したような透明感のない白濁した空でしたので、
昨夜のようなスッキリした姿は撮れませんでした。
それでも、天候が不安定な中で、撮れただけ良かったです。



C/2020 F3(NEOWISE)
2020.07.15 21h00m 5sec ISO3200 D810A 200mmF4→F5.6 固定撮影 周南市



C/2020 F3(NEOWISE)
2020.07.15 20h41m 5sec ISO1600 D810A 200mmF4→F5.6 固定撮影 周南市
★悪天候続きでジリジリしていましたが、今夜は北西の低空だけ雲の隙間があり、
やっと見ることができました。



火星
2020.07.02 01h44m-48m 30ms_98exp AstroStreet ToupCam ASPAR0130C
Mirage-7(1800mmF10)+2.4倍バロー Losmandy G11 周南市



木星
2020.07.02 01h15m-17m 80ms_106exp AstroStreet ToupCam ASPAR0130C
Mirage-7(1800mmF10)+2.4倍バロー Losmandy G11 周南市



金星
2020.06.24 05h55m-06h01m 12ms_139exp AstroStreet ToupCam ASPAR0130C
Mirage-7(1800mmF10)+2.4倍バロー Losmandy G11 周南市
★「明けの明星」として目につくようになりました。太陽との離角は約28度まで開き、
日の出の1時間半前に昇ってきます。



火星
2020.06.24 03h31m-35m 30ms_154exp AstroStreet ToupCam ASPAR0130C
Mirage-7(1800mmF10)+2.4倍バロー Losmandy G11 周南市



土星
2020.06.24 03h17m-22m 450ms_144exp AstroStreet ToupCam ASPAR0130C
Mirage-7(1800mmF10)+2.4倍バロー Losmandy G11 周南市



木星
2020.06.24 03h11m-12m 140ms_140exp AstroStreet ToupCam ASPAR0130C
Mirage-7(1800mmF10)+2.4倍バロー Losmandy G11 周南市



金星
2020.06.23 08h35m-38m 10ms_53exp AstroStreet ToupCam ASPAR0130C
Mirage-7(1800mmF10)+2.4倍バロー Losmandy G11 周南市



火星
2020.06.23 02h10m-14m 40ms_264exp AstroStreet ToupCam ASPAR0130C
Mirage-7(1800mmF10)+2.4倍バロー Losmandy G11 周南市



土星
2020.06.23 01h02m-07m 350ms_168exp AstroStreet ToupCam ASPAR0130C
Mirage-7(1800mmF10)+2.4倍バロー Losmandy G11 北が上 周南市



木星[4]
2020.06.23 01h38m-39m 120ms_138exp AstroStreet ToupCam ASPAR0130C
Mirage-7(1800mmF10)+2.4倍バロー Losmandy G11 北が上 周南市
★さらに約25分後です。この時点でほぼ南中高度に達しました。
高度が上がるにつれ、少しずつシーイングが良くなったようです。



木星[3]
2020.06.23 01h14m-15m 120ms_137exp AstroStreet ToupCam ASPAR0130C
Mirage-7(1800mmF10)+2.4倍バロー Losmandy G11 北が上 周南市
★その約30分後です。カリストの影は間もなく木星から外れます。



木星[2]
2020.06.23 00h44m-45m 120ms_135exp AstroStreet ToupCam ASPAR0130C
Mirage-7(1800mmF10)+2.4倍バロー Losmandy G11 北が上 周南市
★下の画像から約45分後です。
カリストは影とともに西に移動、一方のガニメデはカリストとは逆に東に移動していますから、
木星の向こう側だと分かります。



木星[1]
2020.06.23 00h00m-01m 120ms_136exp AstroStreet ToupCam ASPAR0130C
Mirage-7(1800mmF10)+2.4倍バロー Losmandy G11 北が上 周南市
★木星面に衛星カリストの影が落ちています。
影の本体は木星の左側(東)に写っている二つの衛星のうち暗い方で、明るい方はガニメデです。
衛星の動きも見たいので、時間を空けて撮影しました。4画像を続けて掲載します。



C/2017 T2(PANSTARRS)
2020.06.22 21h30m 180sec_8exp ISO3200 D810A 1800mmF10(Mirage-7)
LPS-P2 Lodestar+PHD2 Losmandy G11 周南市



金星
2020.06.22 08h14m-18m 12ms_80exp AstroStreet ToupCam ASPAR0130C
Mirage-7(1800mmF10)+2.4倍バロー Losmandy G11 北が上 周南市



木星
2020.06.22 02h11m-12m 100ms_88exp AstroStreet ToupCam ASPAR0130C
Mirage-7(1800mmF10)+2.4倍バロー Losmandy G11 北が上 周南市



部分日食
2020.06.21 16h39m-18h11m 1/125sec ISO200 D5100 750mmF15(日本光学5cm屈折)
Losmandy G11 北が上 周南市
★元々安普請の上に築50数年になるわが家。すっかりくたびれて哀れな姿です。
それを気にもしない私に業を煮やし、妻が朝から外壁にペンキを塗り始めました。
知らん顔もできないので、私もペンキ塗りに参戦しました。
曇りがちな空模様でしたから、日食は期待せず、ペンキ塗りに没頭していたところ、
食が始まるころから雲が切れはじめ、大いに焦りました。
塗装作業は大詰め、あと一息で塗り終えるところまで来ていましたが、
たまらず刷毛を放り出して撮影準備にかかりました。
拡大率の調整に手間取り、食の初めは撮り逃しました。
しばらくは雲の影響があり、撮影間隔やシャッタースピードをそろえることができませんでしたので、
雲の影響を受けなくなってからの経過を4分間隔で並べてみました。



天の川
2020.06.20 23h41m 120sec  ISO3200 D810A 16mmF2.8→F8 SKYMEMO-P- 皇座山
★概ね雲が引いたときの一コマです。この後、すぐにまた雲が攻勢を強めてきました。



C/2017 T2(PANSTARRS)
2020.06.20 21h15m 180sec ISO3200 D810A 200mmF4→F8 SKYMEMO-P- 皇座山
★何コマも連写したのですが、雲が次々に流れてきて、使えるコマが飛び飛びです。
これを彗星基準でコンポジットすると星がきれいにつながりませんから、
コンポジットはあきらめました。
もっとも、写野内にはM106やM109をはじめ、たくさんの系外銀河が写り込んでいますので、
一枚もので正解かもしれません。



NGC6388(さそり座球状星団)
2020.06.19 23h10m 120sec_5exp ISO3200 D810A 1800mmF10(Mirage-7)
LPS-P2 Lodestar+PHD2 Losmandy G11 周南市



C/2017 T2(PANSTARRS)
2020.06.19 21h57m 180sec_4exp ISO3200 D810A 1800mmF10(Mirage-7)
LPS-P2 Lodestar+PHD2 Losmandy G11 周南市



M109(おおぐま座銀河)とC/2017 T2(PANSTARRS)
2020.06.16 21h09m 180sec_4exp ISO3200 D810A 1800mmF10(Mirage-7)
LPS-P2 Lodestar+PHD2 Losmandy G11 周南市
★薄雲がかかっていましたが、パンスターズ(C/2017 T2)がM109に接近しているので撮影してみました。
画面上端の滲みは、写野の外のおおぐま座γです。
せっかくのチャンスを薄雲に邪魔されましたが、梅雨時分に撮れただけラッキーでした。



金星
2020.06.16 08h27m-29m 10ms_44exp AstroStreet ToupCam ASPAR0130C
Mirage-7(1800mmF10)+2.4倍バロー Losmandy G11 北が上 周南市
★内合から12日経過した金星です。
太陽との離角がどんどん大きくなって、今日は18.4度。輝面比も0.05まで戻りました。



C/2017 T2(PANSTARRS)
2020.06.15 23h15m 180sec_4exp ISO3200 D810A 1800mmF10(Mirage-7)
LPS-P2 Lodestar+PHD2 Losmandy G11 周南市



金星
2020.06.15 15h15m-35m 6ms_53exp AstroStreet ToupCam ASPAR0130C
Mirage-7(1800mmF10)+2.4倍バロー Losmandy G11 北が上 周南市



NGC3310(おおぐま座銀河)
2020.06.09 21h25m 180sec_4exp ISO3200 D810A 1800mmF10(Mirage-7)
LPS-P2 Lodestar+PHD2 Losmandy G11 周南市
★もう一つぐらい撮れそうなので、雲がないおおぐま座からNGC3310を選んでみました。
中心部はメシエ天体級の明るさですが、周辺部は淡く、自宅からでは中心部しか写りませんでした。
撮影終了直後に雲が広がりました。



C/2017 T2(PANSTARRS)
2020.06.09 20h52m 180sec_4exp ISO3200 D810A 1800mmF10(Mirage-7)
LPS-P2 Lodestar+PHD2 Losmandy G11 周南市
★晴れは夜までもってくれました。
しかし、雲が西に向かって流れており、まもなく天候が崩れることを告げています。
梅雨入り前に、撮れるだけ撮っておこうと、
しばらくご無沙汰しているパンスターズにレンズを向けました。
今は北斗の升の中にいます。
雲を気にしながらの撮影でしたが、
ちょうどおおぐま座のあたりは雲の通り道から外れて無事に撮影できました。



金星
2020.06.09 06h56m-59m 4ms_70exp AstroStreet ToupCam ASPAR0130C
Mirage-7(1800mmF10)+2.4倍バロー Losmandy G11 北が上 周南市
★晴れは今日まで。明日から雨の日が続くとの天気予報です。そろそろ梅雨入りです。



金星
2020.06.08 07h20m-30m 5ms_106exp AstroStreet ToupCam ASPAR0130C
Mirage-7(1800mmF10)+2.4倍バロー Losmandy G11 北が上 周南市
★朝早いうちに撮影したので、比較的金星像の崩れが少なかったです。
太陽が高度を上げ、気温が上がると、決まってシーイングが悪くなります。



火星
2020.06.08 04h02m-06m 30ms_186exp AstroStreet ToupCam ASPAR0130C
Mirage-7(1800mmF10)+2.4倍バロー Losmandy G11 北が上 周南市



土星
2020.06.08 03h50m-54m 360ms_161exp AstroStreet ToupCam ASPAR0130C
Mirage-7(1800mmF10)+2.4倍バロー Losmandy G11 北が上 周南市



木星
2020.06.08 03h37m-38m 125ms_138exp AstroStreet ToupCam ASPAR0130C
Mirage-7(1800mmF10)+2.4倍バロー Losmandy G11 北が上 周南市



金星
2020.06.07 08h37m-46m 5ms_113exp AstroStreet ToupCam ASPAR0130C
Mirage-7(1800mmF10)+2.4倍バロー Losmandy G11 北が上 周南市
★内合を過ぎて、反対側が光るようになりました。



火星
2020.06.05 03h43m-47m 45ms_148exp AstroStreet ToupCam ASPAR0130C
Mirage-7(1800mmF10)+2.4倍バロー Losmandy G11 北が上 周南市



土星
2020.06.05 03h35m-40m 400ms_300exp AstroStreet ToupCam ASPAR0130C
Mirage-7(1800mmF10)+2.4倍バロー Losmandy G11 北が上 周南市



木星
2020.06.05 03h26m-27m 125ms_133exp AstroStreet ToupCam ASPAR0130C
Mirage-7(1800mmF10)+2.4倍バロー Losmandy G11 北が上 周南市



水星
2020.06.02 15h55m-59m 35ms_16exp AstroStreet ToupCam ASPAR0130C
Mirage-7(1800mmF10)+2.4倍バロー Losmandy G11 北が上 周南市
★この日は、未明に木星、土星、火星を撮り、日中に金星と水星を撮って、5惑星制覇です。


金星
2020.06.02 15h26m-37m 2.5ms_53exp AstroStreet ToupCam ASPAR0130C
Mirage-7(1800mmF10)+2.4倍バロー Losmandy G11 北が上 周南市
★前の画像と同じものですが、ウェーブレットフィルターの掛け方を変えてみました。
光輪が金星の全周を取り巻いているように見えます。



金星
2020.06.02 15h26m-37m 2.5ms_53exp AstroStreet ToupCam ASPAR0130C
Mirage-7(1800mmF10)+2.4倍バロー Losmandy G11 北が上 周南市
★前の画像から6時間半経過し、内合約34時間前の金星です。
太陽との離角はさらに小さくなって2.5度。輝面比0.00。
事実上エッジが光っているだけですから、いかに金星といえども、
太陽直近の強烈な明るさにすっかり輝きを奪われ、弱々しい姿でした。
しかし、それでも見えるのが凄いですね。



金星
2020.06.02 09h00m-13m 3ms_94exp AstroStreet ToupCam ASPAR0130C
Mirage-7(1800mmF10)+2.4倍バロー Losmandy G11 北が上 周南市
★内合約40.5時間前の金星です。この時の太陽との離角は2.9度。かなりヤバイ近さです。
光っている部分に分度器を当ててみると約230度に達しているようです。
極限の細い金星は全周が光って見えるのでしょうか。見てみたいものです。



火星
2020.06.02 04h16m-24m 30ms_233exp AstroStreet ToupCam ASPAR0130C
Mirage-7(1800mmF10)+2.4倍バロー Losmandy G11 北が上 周南市



土星
2020.06.02 03h56m-04h01m 400ms_160exp AstroStreet ToupCam ASPAR0130C
Mirage-7(1800mmF10)+2.4倍バロー Losmandy G11 北が上 周南市



木星
2020.06.02 03h39m-40m 125ms_83exp AstroStreet ToupCam ASPAR0130C
Mirage-7(1800mmF10)+2.4倍バロー Losmandy G11 北が上 周南市